たった1日2分!クマを根本から消すには!【どんなクマでも撃退】

スマホ、パソコン使わない日ってないですよね?

仕事も今は1人1台支給されて、通勤のときや休み時間ではスマホでニュースやインスタ、You tube見て目を酷使してませんか?

長時間スマホ、パソコンを見て目を酷使するとクマができやすくなります

ずっとスマホを見て目が疲れるとクマもひどくなります。睡眠時間だけじゃないんです。
山に篭る生活ならパソコンやスマホから遠ざかることはできると思いますが
今の時代それはむずかしいけどクマは消えてほしいですよね!?

知ってます?クマがあるのとないのでは見た目年齢が5歳~10歳上に見られるという統計もあるんですよ!
10歳も上に見られるなんて嫌ですよね!

私はずっとコンシーラーで隠してましたが、1日もたないんですよね。
お昼休憩に化粧直しして仕事終わりでも直さないとクマ丸見えだし・・・

ある商品に出会ってからそんな1日2回も3回も化粧直ししてクマを消す生活から解消されたのです。

このサイトで私の実体験を元に目の下のクマコンプレックスを解決する方法をお伝えします。

どんなクマでもへっちゃら!黒クマ、青クマ、茶クマ、リラックマ・・・どんなクマでも
根本から解決した私の方法をまとめて全部公開しますね。

クマって消せるんです!

1人でも多くのクマで悩んでる方の悩みがなくなれば幸いです。

エステはもちろん、鍼灸など手術以外の方法は全部試したと思います。

でも、どれも根本解決にはならずその時はいいんですけど戻っちゃうんですよね。

そんな頑固なクマの私が1日2分(朝1分、夜1分)のケアでいいんです。

即効性はありません!残念ですが1日で無くなることはありません。

でも、2~3週間もすれば効果がわかるくらいにはなります。
これは十数名の友達で検証済みです。早い子なら10日くらいで効果を実感してました。

それもそのはず、私が紹介する【アイキララ】という商品は効果・効能実験済み
アイキララを4週間使用した使用前と使用後の結果をまとめた論文が研究誌に掲載されるほどのものですから!

モデルの蛯原友里さんの妹さんのマッサージセラピストをしている蛯原英里さんも愛用しています。

>>> 27秒に1個売れてる目の下の本気ケア『アイキララ』はこちら!

「職場や学校で、あいさつ代わりに『疲れてるの?』『大丈夫?』なんて聞かれるのがしょっちゅう!」

それは目の下のクマが原因かもしれません。クマがあると、疲れていないのに疲れて見えたり、年齢よりも老けて見えたりしてしまいます。

せっかく化粧やおしゃれを頑張っても、クマがあるだけで印象が変わってしまうのはもったいないですよね。

そこで今回は、そんなクマについて、原因や様々な対策などをご紹介します。とってもおすすめの商品もご紹介しますので、クマに悩んでいる方は必見ですよ!

長時間スマホ、パソコンを見て目を酷使するとクマができやすくなります

スマホ、パソコン使わない日ってないですよね?

仕事も今は1人1台支給されて、通勤のときや休み時間ではスマホでニュースやインスタ、You tube見て目を酷使してませんか?

ずっとスマホを見て目が疲れるとクマもひどくなります。睡眠時間だけじゃないんです。
山に篭る生活ならパソコンやスマホから遠ざかることはできると思いますが
今の時代それはむずかしいけどクマは消えてほしいですよね!?

知ってます?クマがあるのとないのでは見た目年齢が5歳~10歳上に見られるという統計もあるんですよ!
10歳も上に見られるなんて嫌ですよね!

目の下のクマ、どうやって隠す?

私はずっとコンシーラーで隠してましたが、1日もたないんですよね。
お昼休憩に化粧直しして仕事終わりでも直さないとクマ丸見えだし・・・

ある商品に出会ってからそんな1日2回も3回も化粧直ししてクマを消す生活から解消されたのです。

このサイトで私の実体験を元に目の下のクマコンプレックスを解決する方法をお伝えします。

どんなクマでもへっちゃら!黒クマ、青クマ、茶クマ、リラックマ・・・どんなクマでも消せるんです!
根本から解決した私の方法をまとめて全部公開しますね。

私が目の下のクマをなくした対策とは!?

1人でも多くのクマで悩んでる方の悩みがなくなれば幸いです。

エステはもちろん、鍼灸など手術以外の方法は全部試したと思います。

でも、どれも根本解決にはならずその時はいいんですけど戻っちゃうんですよね。

そんな頑固なクマの私が1日2分(朝1分、夜1分)のケアでいいんです。

即効性はありません!残念ですが1日で無くなることはありません。

でも、2~3週間もすれば効果がわかるくらいにはなります。
これは十数名の友達で検証済みです。早い子なら10日くらいで効果を実感してました。

それもそのはず、私が紹介する【アイキララ】という商品は効果・効能実験済みで
アイキララを4週間使用した使用前と使用後の結果をまとめた論文が研究誌に掲載されるほどのものですから!

モデルの蛯原友里さんの妹さんのマッサージセラピストをしている蛯原英里さんも愛用しています。

それでは、いよいよおすすめの商品をご紹介していきます。

「アイキララ」って何?


そんな目の下の悩みを本気でケアしたい人におすすめの商品が「アイキララ」です。一体どんな商品なのか、じっくりと見ていきましょう。

アイキララの実績は?


なんとこのアイキララ、リピート率が95.5パーセントを誇っています。

しかも、20代から60代の目の下のケアをしている女性にアンケート調査を行ったランキングで、「ハリ不足ケア部門」「アイクリームコスパ部門」「アイクリームおすすめ度」「アイクリーム信頼度」の四つの部門で1位を達成しているんです。そして「目の下のケア部門」にて、見事に第1位を獲得しています。

そしてあの「モンドセレクション」で2016年から2019年にかけて金賞を受賞しています。世界基準でも認められた商品なんですね。

まずは、この数字や実績が期待を持たせてくれますよね!

どんな商品なの?

⇒ 27秒に1個売れてるアイキララ公式サイトはこちら!

アイキララは、目の下のハリを内側からサポートし、クリアでハリのある目元にしてくれる商品です。若々しい印象になるので、疲れているように見られたり、実際よりも老けて見られるという悩みを持っている人にぴったりと言えますね。

また、容器は注射器のような形をしています。1プッシュするだけで、1回分に必要な量を簡単に手に取ることができるんです。こうした使いやすさも人気の理由の一つなのかもしれませんね!

口コミ

それでは、実際に使ってみた人の感想を見ていきましょう。全国から喜びの報告が寄せられているそうですよ。

老けて見られるのが嫌で「アイキララ」を使いました。いろいろ試しましたが、「アイキララ」は違います!使用を継続していますが、これはすごいです!(30代)

普段は口コミは書かないのですが、感動で書きたくなりました。ぜひ皆さんも試してください!(20代)

お手頃な値段だったので、気休めに変化が表れたらいいなと買いました。こちらの会社の誠実な言葉は間違いではありませんでした。(50代)

実際に使ってみた人たちからこんなに喜ばれるなんて、アイキララに対する期待がますます高まりますね!

⇒ アイキララの口コミをもっとみる

お値段は?

そんなアイキララ、さぞかし高額なのでは・・・と気になってしまいますが、なんとお手軽な価格なんです。その驚きのお値段は、約1カ月分(1個10g)で単品定価2,980円(税別)です。

しかも、使用後でも全額返金保証付きなので、安心して試すことができますね。ただし、ご返金にはいくつかの条件があるようなので、必ずそちらを確認するようにしてくださいね!

お肌にやさしく安心して使えて、使い方も簡単、しかもコストパフォーマンスが素晴らしい!と、まさに三拍子揃ったアイキララ。ぜひお試しくださいね!

⇒ 私のクマを消したアイキララ公式サイトはこちら!

敏感肌の人でも使えるの?

なんとアイキララは、保存料、着色料、防腐剤を使っていないんです。肌にやさしい成分を使って作られているため、敏感肌の人でも使えるようにされています。

けれども、目の周りの皮膚はとてもデリケートなので、使用前に、肌に合わない成分が入っていないか確認するようにしましょう。

また、初めて使う際は、少しずつ使うようにして、肌に異常が現れないかを確認するようにしましょう。

どうして効果が実感できるの?

アイキララには様々な成分が含まれており、そのおかげで健康的な肌を保つことができます。その主な成分や働きを見ていきましょう。

MGA

アイキララには、ビタミンC誘導体の一種である「MGA」という成分が配合されています。そのMGAがコラーゲンをサポートし、加齢により失われてしまった弾力やハリを付与してくれるのです。

しかも、肌の内部(角質層)にコラーゲンの持つ栄養素を留めるサポートもしてくれます。そのため、肌は潤いや栄養をキープすることができるのです。

そんなMGAの働きのおかげで、肌はハリを保ってふっくらとした若々しい状態を保つことができます。

ビタミンK

また、「ビタミンK」をたっぷり含んでいる植物由来の成分である「カニナバラ果実油」「アンズ核油」「ヒマワリ種子油」「アボカド油」などを豊富に配合しています。

これらが、目の下の乾燥によりできたくすみや、ハリ不足によりよどんで見えてしまう目元にしっかりとアプローチしてくれます。

そのため、若々しくクリアな目元になるのです。

使い方や使用上の注意は?

使い方


それでは気になる使い方を見ていきましょう。それだけの効果を得られる商品ですが、使い方はとっても簡単なんです。

1日に2回、朝と夜に以下の手順で使ってみましょう。

  1. まずは洗顔料を使って洗顔をします。化粧をしている場合は、きちんとやさしく丁寧に落としましょう。
  2. 化粧水で肌を整えます。
  3. アイキララを1プッシュ手の甲に出したら、薬指の腹に少し取り、目の下になじませます。気になる部分を中心にして、やさしくトントンとなじませる感じです。1プッシュ分を左右両方に使います。
  4. アイキララがなじんできたら、薬指の腹でそのまま外側にクリームを伸ばします。ここでも優しくすることが大切です。
  5. 手のひら全体で、優しく目元を包み込むようにします。
  6. 肌にふたをするつもりで、乳液をつけます。

たったこれだけでいいなんて、時間がない朝や、疲れて早く休みたい夜でも助かりますね。

使用上の注意

  • 目の周りの皮膚はとてもデリケートなため、優しく行いましょう。力を入れて擦ると、たるみや色素沈着を起こしてしまうことになる場合もあります。
  • 洗顔料や化粧水、乳液等は、今使っているもので大丈夫です。ただし、オールインワンジェルを使っている場合は、アイキララを先に塗ってからオールインワンジェルを塗るようにしてください。
  • 一度にたくさんつけると、クリームが目に入る可能性があります。薬指の腹で少しずつなじませるようにしましょう。
  • 目のキワにつけようとするとクリームが目に入る可能性があります。目のキワにはつけないようにしましょう。

 

そもそもクマって何ぞや?

そもそもクマって一体何なのでしょうか。それは、分かりやすく言うと「目の周りが何らかの理由から黒ずんでいる状態」のことです。

なんと女性のおよそ三人に一人がクマで悩んでいると言われています。また、最近は女性だけでなく男性も美意識が向上しているため、クマで悩んでいる人が多いようです。

そう思うと、かなりの人がクマについて何かしらの悩みを抱えているのですね。自分一人じゃないと思うと少しだけ安心するけれど、やっぱり気になるものは気になりますよね!

なぜ「クマ」という名前なの?

クマは漢字で書くと「隈」で、歌舞伎の化粧法である「隈取(くまどり)」から来ていると言われています。ちなみに隈取は筋肉や血管をオーバーに表現する化粧のことですね。

クマの種類によって原因や対策が異なる

「目の周りが何らかの理由から黒ずんでいる状態」と一言で言っても、クマは大きく三種類に分けられます。そのクマができた原因がそれぞれ異なるため、クマの見え方や対策などが変わってきます。

クマで困っているからと、慌てて隠したり治したりしようとがむしゃらに行動する前に、まずは自分のクマがどんなクマなのかを知り、原因や対策を考える必要があるんですね。

それでは、そのクマの種類について見ていきましょう。

 

クマの種類と見分け方

クマには大きく分けて三つの種類があります。「黒クマ」「茶クマ」「青クマ」です。

名前の通り、それぞれ色が違うのですが、実際に見ためで判断するのが難しい場合もあるでしょう。自分の顔は鏡で毎日見ているため、見慣れてしまってよく分からなかったりしますよね。

その場合は、簡単なやり方で判断することができます。

クマの見分け方

そのやり方は、目尻に指を置いて、やさしく外側に引っ張るだけです。その引っ張った状態でのクマの見え方で、何クマなのかを判断します。

  • 黒クマ:引っ張るとクマ自体が消えて見えなくなる
  • 茶クマ:引っ張るのと同時にクマも皮膚と一緒に動く
  • 青クマ:引っ張ってもクマは動かずに皮膚だけが動く

まずは、自分のクマがどれに当てはまるのかをしっかりと判断しましょう。クマによっては、違うクマに対する対策が逆効果の場合もあるので、慎重に判断するようにしてくださいね!

 

自分のクマが何クマかが分かったら、次はそれぞれの原因や対策について見ていきましょう。きっと自分でも思い当たる節があるはずですよ!

 

黒クマってどんなクマ?

黒クマは、主に皮膚のへこみやたるみが原因でできるクマです。上を向くと薄くなりますが、ファンデーションなどを塗っても目立ってしまうという特徴があります。

原因は?

生まれつき目の下の脂肪が少ないことから皮膚のへこみが目立ち、目の下に影ができる場合と、加齢によるものがあります。

目の周りには、「眼輪筋」という筋肉があり、その内側には「眼窩脂肪(がんかしぼう)」という脂肪があります。加齢により眼輪筋が緩むことで、眼球の重さに耐えきれなくなり眼窩脂肪が飛び出てしまいます。

いわゆる目袋と言われるものになってしまうのです。そのことにより、たるみが生じ、その下にへこみができてしまいます。そのため、目の下に影ができるのです。

また、加齢により、コラーゲンが減少してたるみができる場合もあります。

いずれにせよ、目の下のくぼみにできた影なので、目尻を引っ張ると消え、ファンデーションでも隠し切れません。

対策は?

黒クマは目の下にある眼輪筋が緩むことで起こりやすくなるので、そこを鍛えることが大切です。

とは言え、難しいトレーニングは必要ありません。簡単な目の体操やむくみ対策をこつこつと続けましょう。

目の周りを鍛える体操をする

目の周りを鍛える体操をご紹介します。

  1. 目をぎゅっと五秒間閉じる。
  2. ゆっくりと大きく目を開ける。

眼輪筋や表情筋を鍛えることで、皮膚のたるみをなくす効果が期待できます。

これくらいなら、テレビを観ていてコマーシャルが流れている間や、お風呂につかっている間などのちょっとした隙間に気軽にできそうですね。とても簡単なので、ぜひ試してみてくださいね!

むくみ対策を怠らない

また、日頃から血行を良くして、むくまないように気を付けておくことも大切です。

血流が悪くなると、血液で運ばれるはずの栄養分が細胞に行き渡りにくくなり、結果、たるみを引き起こす原因となってしまいます。そのため、全身の血行を促すようにしましょう。

 

茶クマってどんなクマ?

茶クマは、主に色素沈着でできたクマで、表皮にできたシミと同じようなものと言えます。こちらはファンデーションで隠すことができます。

原因は?

主に、紫外線によるダメージや、目の周りの乾燥によるかゆみなどで目を擦りすぎたことによる皮膚への刺激が原因で色素沈着を起こします。また、アトピー性皮膚炎や、化粧品によるかぶれ、マスカラなどのアイメイクをきちんと落としていないことなども原因になるので注意が必要です。

また、小さなシミが集まっていることにより、茶色く見えていることもあるようです。

そして、「遅発性両側性太田母斑様色素斑(ちはつせいりょうそくせいおおたぼはんようしきそはん)」と呼ばれるアザのこともあります。こちらは二十歳前後の頃から、目の下や小鼻、おでこ、両頬などに現われます。

茶色と青みのある灰色が混ざったような色をしており、メラニンが皮膚の奥に沈着することで起こります。

対策は?

茶クマは色素沈着を起こさないようにすることが大切です。また、肌の機能を助けたり、体質改善をしたりすることでも目立たなくすることができます。

紫外線対策をしっかりする

色素沈着は、紫外線から肌を守るために作られる「メラニン色素」が過剰に作られて沈着してしまうことからも起こります。

そのため、一年中、紫外線対策をするようにしましょう。冬場や曇りの日など、油断しがちな時も、しっかりと対策することで、茶クマの発生を抑える効果が期待できます。

保湿をしっかりとする

色素沈着してしまった皮膚をきれいな状態にするには、皮膚が新しいものに生まれ変わる「ターンオーバー」をすることが必要です。

保湿をしっかりとすることでターンオーバーを促すことにつながります。

また、肌は乾燥することでくすんで見えてしまいます。そのため、きれいに見せるためにも保湿することは大切です。

スキンケアは保湿が大切、とよく言われますが、そう言われるのにはきちんと理由があるのですね。普段のお手入れでも気を付けられそうなので、ちょっとした心がけで差が生まれそうですね。

ビタミンCを摂る

ビタミンCはターンオーバーを促す手伝いをしてくれると言われています。積極的に摂るようにしましょう。

食べ物では、レモンやアセロラ、キウイフルーツなどにたくさん含まれています。レモンを料理にちょっとかけたり、ジュースを飲みたいときにはアセロラジュースにしたり、おやつにお菓子の代わりにキウイフルーツを食べたり・・・工夫次第で気軽に続けられそうですね!

また、美容液やアイクリーム、基礎化粧品で「ビタミンC誘導体」が含まれているものを使うのもおすすめです。ちなみに、ビタミンC誘導体とは、ビタミンCの肌への浸透率を上げたものです。

できるだけビタミンC誘導体が入っているものを選ぶことで、外からも茶クマを防ぐことにつながります。

化粧をするときは注意する

目の周りのかぶれを予防するために、合わない化粧品は使わないようにしましょう。また、日頃からしっかりと化粧を落とすようにしましょう

目を擦らない

強く擦ることでも色素沈着を促してしまうので、目を擦らないように注意しましょう。化粧をしっかりと落とすことも大切ですが、その際はやさしく洗顔することを心がけましょう。

指の腹でやさしく撫でるようにするだけでも、十分に化粧や汚れは落とすことができますよ。丁寧に肌をいたわるように洗うようにしましょう。

茶クマの場合は、肌への刺激が良くないので、マッサージはしないようにしましょう。刺激で余計に悪くなってしまうこともあります。

かぶれやかゆみの根本を治療する

アトピー性皮膚炎などの、かぶれやかゆみの根本を治療することも大切です。長く付き合う病気もありますが、自分が心身ともに健やかにすごせる環境を無理せずに探って行けるといいですね。

 

青クマってどんなクマ?

青クマは主に血行不良が原因でできるクマで、青っぽく見えます。こちらもファンデーションで隠すことができます。

原因は?

目の周りにはたくさんの毛細血管が通っていますが、それらの血流が滞り、目の周りの皮膚から毛細血管が透けることで青っぽく見えてしまいます。

血流が滞る原因は様々で、冷えやホルモンバランスの乱れ、生活習慣、疲労やストレス、睡眠不足などが考えられます。また、目の疲れも血流を滞らせてしまいます。

パソコンやスマートフォンなどの画面を長時間見続けることでも目が疲れ、青クマになりやすいようです。

また、血行不良が原因のため、暖かい季節よりも寒い季節に多くなる傾向があります。

冷え性や頭痛持ちの人も青クマを作りやすいでしょう。

対策は?

青クマは血行を良くすることが大切です。温めたり、ストレッチをしたり、生活習慣を整えたりと、今の生活を見直すきっかけにもなりそうですね。

目や体を温める

血行を良くするためには、身体を冷やさないようにすることが大切です。現代人は基礎体温が低いと言われているため、冷え性の自覚がなくても体温を上げるように意識するようにしましょう。

積極的に体を動かしたり、お風呂の際にシャワーだけで済まさずにしっかりと湯船につかったりと、日頃の生活の中で体を温めるように気を付けるようにするといいですね。

また、冷たい食べ物の摂りすぎや、甘い物の摂りすぎも冷えにつながります。とは言え、まったく摂らないようにするのはストレスになってしまいますよね!

たまに楽しむ分にはストレス解消にもなるのでいいのですが、過剰に摂りすぎているようならば控えるようにしましょう。最初は、毎日摂っていたのを二日に一回にするとか、量を減らすとかから始めると、続けやすいかもしれませんね。

ストレッチをする

パソコンやスマートフォンを長時間使ったり、細やかな作業を長時間することで、目の疲れにつながります。また、同じ姿勢を続けることにより、首や肩周りの血流が悪くなってしまうことがあります。

目の疲れや肩こりは、頭痛にもつながることがあり、とても辛いですよね。でも仕事などでどうしてもその作業を続けなければならないこともあるでしょう。

そんな時は、こまめにストレッチをして血流を促しましょう。「今、自分がどこを伸ばしているか」をしっかりと意識しながら行うのがポイントです。

首のストレッチ

ストレッチをする時は、基本の姿勢が大切です。腹式呼吸と合わせて、ゆっくりと丁寧に行いましょう。

  1. 立って行う場合も椅子に座って行う場合も、肩幅に足を開いて背筋を伸ばします。これが基本の姿勢です。
  2. 鼻から息を吸いながら肩をグッと持ち上げます。
  3. フッと口で息を吐きながら、ストンと肩を下ろします。これで一度肩の力を抜きます。
  4. おへそから指三本分下にある「丹田」を中心にした袋がお腹の中にあるとイメージして、その袋を膨らませるようなイメージで鼻から息を吸います。
  5. 口を軽く開いた状態で、少しずつ息を吐きながら首をゆっくりと回します。呼吸は、歯と歯の隙間から「スー」と音がもれるようなイメージです。膨らませたお腹の袋が、息を吐くごとにしぼんでいくようにイメージしましょう。
肩のストレッチ
  1. 基本の姿勢になります。
  2. 鼻から息を吸いながら肩をグッと持ち上げます。
  3. フッと口で息を吐きながら、ストンと肩を下ろします。
  4. 両手の指先を両肩の上に軽く乗せます。腕で三角を作る感じです。
  5. 首のストレッチの時と同様のイメージで鼻から息を吸います。
  6. 口から息を吐きながら、肩をゆっくりと回します。前回し・後ろ回しともに行いましょう。

腹式呼吸にはリラックス効果もあるので、体だけでなく心もほぐすことができますよ。動くことが難しいようなら、腹式呼吸だけでもやってみてくださいね。

マッサージやツボ押しをする

マッサージやツボ押しをすることで老廃物を出し、血の巡りをよくします。また、マッサージは黒クマにも効果的です。

耳たぶマッサージ
  1. 指で耳の前と後ろを挟むようにします。
  2. 指で挟みながら、円を描くように押します。
ツボ押し

瞳から1.5センチほど下のところに「四白(しはく)」というツボがあります。四白は、目の周りの血の巡りをよくしてくれるツボです。

人差し指で押すと力が入りすぎてしまうので、中指や薬指の腹で優しく押しましょう。ツボと言うと痛いイメージがありますが、優しく押す程度で十分です。

目の下はとてもデリケートであることを忘れないようにしてくださいね。

しっかりと睡眠をとる

血行が悪くなる原因に、睡眠不足もあげられます。そのため、しっかりと睡眠時間を確保して、体を休めるようにしましょう。

しっかりと休むことが、心の余裕にもつながります。

バランスの良い食事を摂る

食生活が乱れると、血行が悪くなるばかりか、体調も崩してしまうものです。食べ物は体を作ってくれるということを意識して、バランスの良い食事を摂るようにしましょう

たんぱく質は体の中で熱に変わるため、冷えを改善してくれると言われています。積極的に摂るようにしましょう。

また、たんぱく質の吸収を促すミネラルやビタミンも一緒に摂るようにしたいですね。

アントシアニンが含まれているブルーベリーやカシスは目の疲れに効果があると言われています。目の疲れが気になる時は、積極的に摂るといいでしょう。

 

病気が隠れているときも!?

クマ対策をしっかりしているのになかなか消えない場合は、病気が隠れていることもあります。クマができやすくなる病気を見ていきましょう。

鉄欠乏性貧血

貧血は、赤血球の中のヘモグロビンが減ることで起こります。そして、ヘモグロビンを作るのに鉄分は欠かせないものです。

鉄欠乏性貧血は、鉄分が不足することで起こります。貧血になることにより血行が悪くなり、青クマができてしまいます。

普段から鉄分の多い食事を摂るようにして、予防しましょう。また、症状が重い場合は、病院で薬を処方してもらうなどの適切な治療を行いましょう。

腎臓疾患や肝臓疾患

老廃物の排除や解毒作用をして血液をきれいにする腎臓や肝臓の働きが悪くなると、血液がきれいになりにくくなってしまいます。そのため血行が悪くなり、クマができてしまうことがあります。

また、生活習慣が乱れている時も、体が疲れて同じような状態になってしまうことがあります。

普段から、生活習慣を整えて、健康的な過ごし方をするようにしましょう。また、症状が重い場合は、病院で診てもらいましょう。

バセドウ病

バセドウ病は別名「甲状腺機能亢進症」と言われていて、甲状腺で作られる甲状腺ホルモンが正常な状態よりも過剰に分泌されてしまう病気です。

その症状の一つに、眼窩脂肪や眼輪筋が腫れ、目の中の圧力が高まることで、眼球が前に出てきてしまうというのがあります。それに伴い、眼窩脂肪もたるみのようになり、黒クマができてしまいます。

ほかの症状として、汗をかきやすくなる、だるい、手が震える、脈が速くなる、体重が減る、甲状腺が腫れるなどがあります。

少しでも気になる症状がある場合は、早めに病院で診てもらうようにしましょう。

花粉症性皮膚炎やアトピー性皮膚炎

花粉症性皮膚炎アトピー性皮膚炎の場合、目の周りに花粉やハウスダストがつくことで炎症を起こし、色素沈着してしまうことがあります。そうなると下まぶただけでなく、目の周りがくすんで見えます。

そのままにしているとシミになってしまうこともあるので、早めに病院で診てもらうようにしましょう。アレルギーや皮膚炎の治療はもちろん、表皮のバリア機能を良くするための毎日のケアも必要です。

うつ病

うつ病になると、自律神経の異常のために口輪筋(口の周りの筋肉)と眼輪筋の血行が悪くなります。そのため、口の周りや目の周りが青白くなってしまうことがあります。

うつ病は心身ともに負担がかかる病気です。家族や友人などの周りの信頼できる人に相談し、なるべく早く病院に行きましょう。

「病気の心配はないんだけれど、とにかくクマが気になる!」というあなた、お待たせしました!

まとめ

 

  • クマは三種類に分けられ、それぞれ原因や対策が異なる
  • 黒クマは主に皮膚のへこみやたるみが原因でできるクマで、目の周りの体操やむくみ対策を怠らないことで改善できる
  • 茶クマは色素沈着が原因でできるクマで、紫外線対策や目を擦らないことなどで防ぐことができる
  • 青クマは血行不良が原因でできるクマで、体を温めたり生活習慣を整えることで改善できる
  • どうしても治らないクマは病気のサインの場合もある
  • 「アイキララ」はお肌にやさしく、簡単に使うことのできる優秀なアイテム

クマに悩んでいると、つい手っ取り早く治したり隠したりできないものか考えてしまいます。けれども、まずは自分のクマのことを知ることが大切です。

黒クマは加齢による部分が大きいため、どうにもならないのではないかと思ってしまいますが、目の周りの体操やむくみ対策をこつこつと続けることが大切です。

また、茶クマは紫外線対策や目を擦らないなどの予防はもちろん、できてしまった色素沈着を早く新しい皮膚に生まれ変わらせるための手助けをしたり、かゆみやかぶれの根本を断つなど、あらゆる手段で改善させることができます。

そして青クマは、何よりも生活習慣を整えることで改善されていきます。

今のあなたの体は、これまでのあなたの生活が表れたものです。クマができたからと言って、クマばかりを気にするのではなく、なぜ今このような症状が体に表れているのかを考えるようにしましょう。

そして、しっかりと体に向き合って、ケアしていきましょう。そうすれば、きっと体はあなたの期待に応えてくれますよ。

もちろん「アイキララ」という心強いアイテムを味方につけるのもお忘れなく。そうすれば、より一層、体が喜んでますますきれいに磨きがかかるでしょう。

心も体も健康で美しく、活き活きとした毎日をお過ごしください。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!